文字にする努力を

出会いの機会は欲しいものの、イベントなどへ足を運ぶのは苦手だという人は多いのではないでしょうか。
特に自分が口下手だと自覚している人は、ほかの出会いの方法が欲しいと考えていることでしょう。
口下手だと、イベントなどの短い時間で自分について話したり相手から情報を引き出したりすることがうまくできず、どうしてもそうした場所では不利になってしまうため、他の方法を考えるべきです。

そうした人には、スマートフォン用のアプリを使用して恋人を探すことをお勧めします。
なぜなら、口下手な人でも自分のペースでコミュニケーションを進められるからです。
アプリには、様々なコミュニケーション用のツールが用意されていますが、じっくり考えてから気持ちを伝えたい、考えたことを言葉で直に伝える以外の方法がほしいと考えるのであれば、文字でのチャットかメールがいいのではないでしょうか。
とはいえ、チャットだと相手にすぐに返事をしなければならない場合もあるので、やはり心に余裕を持ってコミュニケーションを取るためにはメールが一番いいのかもしれません。

もちろん、言葉にするよりも性に合ったコミュニケーションの方法を得たからといって、そこで安心してしまってはいけません。
文章にする際、言葉の選び方を間違うと、せっかくのアプローチが水の泡になってしまうこともあるのです。
口で伝えることが苦手であることから、文章にする方法を選んだのであれば、日頃から本を読むなどして、言葉の持つ意味や、正しい使い方を身につけておくことをお勧めします。
「小説家になる訳でもないのだから、わざわざそんなことをする必要はないのでは」と思う人もいるかもしれませんが、気持ちをきちんと伝えたいのであれば、使う言葉も文章もきちんとすべきですし、その方が相手に伝わりやすいものなのです。
口下手な人には、気持ちを正しくわかりやすい文章にして表すための努力をすることをお勧めします。